ページ内を移動するためのリンクです。
健康保険のしくみ
現在表示しているページの位置です。

健康保険に加入する人

本人:被保険者

健康保険に加入している本人を被保険者といいます。法人の事業所では、常時1人以上、個人の経営する事業所(強制適用とならないものを除く)では5人以上の従業員のいる会社や工場、銀行、商店など健康保険法で定められた事業所に働く人びとは、本人の意思にかかわらずだれもが加入することになっています。
就職した人はその日に被保険者の資格を取得し、退職または死亡した日の翌日に被保険者の資格を失います。
また、75歳になると在職中でも健康保険の被保険者資格を失い、後期高齢者医療制度に加入することになっています。

家族:被扶養者

健康保険組合では、被保険者だけでなく、被保険者に扶養されている75歳未満の家族にも保険給付を行います。
被扶養者は家族なら誰でもなれるわけではなく、法律等で決まっている一定の条件を満たしていて、健康保険組合の認定を受けた者だけで、税法上の扶養家族とは基準が異なります。

被扶養者の認定基準

被扶養者の認定を受けるには下記の条件を満たす必要あります。

  • 健康保険法に定める被扶養者の範囲であり、後期高齢者に該当していない。
  • その家族の年間収入が、130万円(60歳以上または障害者は180万円)未満で 被保険者の収入の1/2未満であること。
  • 被保険者が主としてその家族を経済的に扶養している事実があること。
    (その家族の衣食住等生活費の半分以上を負担している)
  • 被保険者に、継続的にその家族を養う経済的扶養能力があること。
  • 被保険者がその家族を扶養せざるを得ない理由があること。

被扶養者の範囲

被保険者と同居でも別居でもよい人 被保険者と同居が条件の人
  • 配偶者(内縁でもよい)
  • 子、孫
  • 兄弟、姉妹
  • 父母などの直系尊属
  • 左記以外の三親等内の親族
  • 被保険者の内縁の配偶者の父母・および子
  • 内縁の配偶者死亡後の父母・および子

パート・アルバイトの方の社会保険適用拡大

平成28年10月1日から、パート・アルバイトの方の社会保険加入の基準が変わりました。
1週の所定労働時間および1月の労働日数が常時雇用者の4分の3以上ある場合は被保険者となります。また、4分の3未満の場合でも下記の5つの要件をすべて満たした場合、健康保険の被保険者となります。
被扶養者であるご家族が勤務先で健康保険に加入する場合は、すみやかに扶養削除の手続きをしてください。

  • (1)1週の所定労働時間が20時間以上であること
  • (2)雇用期間が継続して1年以上見込まれること
  • (3)月額賃金が8.8万円以上であること
  • (4)学生でないこと
  • (5)常時501人以上の従業員を使用する企業(特定適用事業所)に勤めていること
    (労使合意した従業員数500人以下の会社に勤める人も対象になります。)

三親等内の親族とは?

ページトップへ